COLUMN

絵コンテの利点やコツとセミナーについて

SONY ACADEMY > コラム > 絵コンテの利点やコツとセミナーについて

絵コンテの利点やコツとセミナーについて

絵コンテの利点について


絵コンテとは映像制作をする前に制作されるイラストのことになります。例えば映画でも活用されます。映画はもちろん映像を制作し、それぞれのシーンで俳優さんや女優さんの動きが異なるので、絵コンテで表現して役者の人に伝えるために活用されます。また、映画だけでなくアニメでも絵コンテが使われます。アニメと聞くと漫画をイメージする人もいますが、現在では映画やドラマなどで放送されることもあるように、映像で視聴者に提供されることもあります。その他にもドラマやテレビCMなど様々なところで活用されています。
しかし、ドラマや実写映画では必ず必要ということはありません。実際に監督を勤める人の中には使わないという方も少なくないです。しかし、アニメーション作品においては欠かすことができないとされています。特にアニメーション作品は多数の人が関わり、シナリオの変更などが定期的に行われるため、アニメーション制作の多くの現場で使われています。では絵コンテを作成することでどのような利点を得ることができるのでしょうか。
利点の一つには制作する現場のスタッフに完成の目安を伝えられることです。映像を表現する時、細かく言葉で伝えると時間がかかります。また、シーンによっては言葉では相手に理解してもらうことができないこともあるでしょう。もし絵であれば主人公の様子、表情などを伝えやすいため制作しやすくなります。完成をイメージできないと、制作の方向性が曖昧になるため、制作スタッフが作業をしづらくなります。しかし、絵コンテを準備することで設計図のような役割を果たしてくれるので、完成体をスタッフが理解でき、制作スタッフはその完成イメージに向かって作業を進めることができます。
このような利点がありますが、当然、絵コンテの制作には時間が必要になります。また、絵の技術の習得も必要になるでしょう。例えばアニメの映像制作をする時はキャラクターの動きなどもデザインします。また、キャラクターだけでなくその背景も描くことになるため、絵の技術が低い人は絵コンテの制作をすることも難しいです。実際に絵を描くことに苦手意識を持っている人もいるので、どのようなコツがあるのか知っておきたいと考える人もいるでしょう。

絵コンテを制作する際のコツについて


絵コンテを制作する時のコツは、シーン別に紙を変更することです。もし全てのシーンを描いてしまうと見づらくなります。シーンそれぞれで用紙を変えることで、シーンが変更したら次の用紙を取りすぐにキャラクターの表情などを確認できるため、制作を円滑に行うことができます。
その他のコツとしては頭の中でイメージしてから描き始めることです。頭でイメージできてから描くことで構成の偏りを減らすことができます。絵を上達させることもコツですが、実際に流れる映像シーンとは異なり、絵コンテは補足を記載することができます。例えばキャラクターが笑っている様子を絵で描くことができなくても、そのようなシーンであることを補足することでそれを見た制作スタッフはキャラクターが笑っている表情を思い描くことができます。
このように、完璧に絵で表現しなくても問題ないシーンもあるので、絵が苦手な人は補足を入れて制作スタッフに伝えられるように工夫をします。その他のコツとしては全体のバランスを考えることです。描く人の中にはコマのバランスだけを考えてしまう人もいますが、全体のバランスを考慮して制作するように心がけます。

絵コンテ制作などアニメーション制作の現場で活躍するためには


実際に絵コンテ制作に興味がある人の中には、アニメーション制作の現場で働きたいと考える人も少なくありません。実際にアニメ映像制作の現場では様々な人が働き、その世界で活躍する人も多いです。しかし、アニメーション作品においては絵を描くことの機会が多いため、画力がないと制作の現場で活躍することは難しいと考えられます。
確かに、現場に飛び込み、そこから学んで徐々に技術を高める方もいますが、活躍したい人の中にはできるだけ技術を高めて、制作現場の環境を知った上で制作スタッフの一員として働きたいと考える人も少なくありません。学ぶ意欲のある人の中にはセミナーへ参加するという人も存在します。セミナーでは現場で活躍する監督などが直接指導をしてくれます。絵の技術を高める講義だけでなく、実際に監督や演出の仕事の内容なども知ることができるので、制作スタッフの一員になりたいと感じる人の中にはメリットがあるという方も多いでしょう。
セミナーは複数回にわたって開催されるところなどもあり、制作に関する多くのことを知ることができます。また、セミナーによっては最後に質疑応答などが設けられることもあります。質疑応答では絵コンテのことや、制作現場に関する疑問を質問することができるので、質問することでアドバイスをもらえる場合もあります。このようにセミナーには魅力が多いので、絵コンテに興味がある方は参加を検討してみるのも方法の一つです。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)