COLUMN

作画監督に原画を学ぼう

SONY ACADEMY > コラム > 作画監督に原画を学ぼう

作画監督に原画を学ぼう

作画監督から原画をセミナーから学ぶ


将来、作画に携わるお仕事がしたいと考えている人もいるでしょう。現在ではアニメに親しみを感じる人が多いですが、当然制作をしている人がいます。例えば作画監督などです。実際にアニメはストーリーがあります。また、テレビや映画などでアニメは放送されることもありますが、声優などにお願いをしてキャラクターの声を出してもらったりする必要があります。また、テレビや映画に関係なく、アニメを作る時は原画を作成することが求められます。原画は簡単に表現するとキャラクターやその風景の元になる絵のことを意味します。アニメーションの分野では原画マンなどと呼ばれることもあります。主なお仕事はまずレイアウトを作成してその作成したレイアウトを作画監督にチェックを受けて、了承されれば次は動画マンがアニメーションを作成します。
基本的に原画は土台となる部分なため、土台部分がしっかりと作成されていなければ当然動画マンはアニメーションを作成しづらくなります。また、作品自体にも大きく影響を与える可能性があるので、アニメーションのお仕事の中でも比較的大切な作成工程の一つです。実際に原画を書くことを検討している人の中には誰かのサポートを受けて制作をしたいと考える人もいるのではないでしょうか。現在ではアニメに関するセミナーを開催してくれるところがあるので、セミナーを利用すれば制作するための知識を習得したり、技術を高められる可能性があります。実際にセミナーの中には作画監督が教えてくれるところもあります。では実際に作画監督からセミナーと通じて知識を学ぶことで参加者にはどのようなメリットがあるのでしょうか。メリットとして挙げられるのがその業界で活躍する著名な人からレクチャーを受けることができる点です。
作画監督は誰しもが簡単になることができる職業ではありません。監督の中には下積みをして夢を叶えた人は珍しくありません。実際に作画監督から話を聞くことができれば、技術面のことだけでなく、どのようにこのお仕事に就いたのかなども伺うことができるので、作画監督や原画マンを目指している人の中には、今後の将来の参考にできると考える人もいるのではないでしょうか。その他のメリットとしては、アニメーターのお仕事に興味がある人が会場に参加するので同じお仕事を目指す人と意見交換ができる点です。例えば来場している人と知り合いになれば、今まで描いたキャラクターなどを見せ合うことができます。気が合う人が見つかれば友達になれる可能性があります。

セミナーに持っていきたい持ち物


原画を学びたい人の中には実際にセミナーに参加する時にどのような持ち物を持参すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。持っていくと活用できる持ち物の一つとして挙げられるのが、メモすることができる用紙や機器になります。実際にアニメーターの世界では有名な人が講師となり教えてくれるので、実際にその人が話した内容をメモしておきたいと考える人は珍しくありません。
基本的にセミナーは数分ではなく一時間など長時間開催されるケースも多いので、メモができるものがなければ内容を全て覚えておくことは難しいです。例えばメモ書きをするためにノートなどを持参する人も多いです。また、パソコンなどを持参して話しを聞きながらメモを残す人もいます。メモをすることを検討している人の中にはビデオ撮影で記録をすることを検討している人もいますが、セミナーの中にはカメラなどの撮影機器で録音や撮影を禁じているところもあるので、事前に確認して適切にメモがとれるようにしましょう。
飲み物などを持参する人も少なくありません。アニメーターに関する知識を教えてくれるセミナーの中には持ち込みが不可なケースもありますが、1日に数時間開催されることもあるので、飲み物があれば水分補給をすることが可能です。その他にも携帯のバッテリーなどしっかりと持ち物を持参して当日のセミナーに臨みましょう。

セミナーの選び方を知ろう


現在、原画などを教えてくれるセミナーは複数開催されているので、セミナーを受けることを検討している人の中にはどのようなところを選択すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。選び方のコツとしては、講師です。講師はそれぞれのセミナーで異なります。例えば作画監督が教えてくれるところもあります。自分が好みの講師かを確認して選択するようにしましょう。
その他の選び方は会場と開催時間です。実際に原画マンなどを目指している人の中には専門学校に通っている人や既に社会人として働いている人も少なくないでしょう。時間に限りがある人もいるので、開催時間などを確認して出席できそうかを予め把握します。その他のプログラムの概要を確認します。自分が知りたい情報がそのプログラム概要に記載されているのかを確認してから申し込みをしましょう。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)