COLUMN

作画のコツやセミナーへの参加について

SONY ACADEMY > コラム > 作画のコツやセミナーへの参加について

作画のコツやセミナーへの参加について

作画のコツについて


作画とは、簡単に説明すると絵を作ることになります。従来においては絵は用紙などに描かれることが多かったですが、現在ではアニメなどがテレビや映画で放送されているようにデジタルキャラクターなども描く機会が多いので作画と一言で言っても様々なことを指すこともあります。現在ではアニメなどを制作する会社が日本にはあり、キャラクターデザインや絵を描くことが好きな人の中には監督などを目指したいと考える人も少なくありません。当然ではありますが、アニメ業界で活躍するためには絵を作る技術などを求められることになります。例えば原画は絵のベースになるので大切なお仕事です。技術がなければ勤まらないケースもあるので、どのように技術を高めようと困っている人も少なくないでしょう。実際に絵を制作する時はコツがあるので、コツを知っておくと更なる技術向上などを期待することができます。
コツの一つとして挙げられるのがレイアウトになります。レイアウトに考慮するだけで出来栄えが変化することがあります。また、バランスを考えることもコツになります。もしバランスが悪いとイメージに近い原画に仕上がらないケースもあります。例えば輪郭に対して目が小さすぎたり、口の形が他のパーツに比べて大きくなりすぎるとバランスが悪くなります。バランスを考慮して絵を作る時はまず十字線などを理解することで上達できる可能性があります。
描く順番もコツの一つになります。描く順番を間違えると全体のバランスが悪くなることもあります。基本的な順番としては輪郭から描くパターンと、目から描くパターンがあります。背景を含めた絵を描く時も順番を考慮することでキャラクターが周りの背景よりも大きくなりすぎることを防ぐことができる可能性があります。向きを変えることもコツになります。キャラクターデザインをする機会は多いですが、全てのキャラクターの顔が真正面を向いていると不自然に感じることはあります。キャラクターが今何を見ているのかを考えて顔の向きなどを変更することでストーリーが不自然にならないように作ることができます。このように様々なコツを挙げることができますが、これらのコツを知っても自分が思うように上達させることができないと感じる人は少なくありません。特に今まで作画をしたことがない人は基礎も知らない状態で絵を作る技術を学ぶケースがあります。もし自分の力だけで技術の向上ができないと考える人はセミナーへの参加を検討しましょう。

作画を学ぶためにセミナーに参加しよう


作画に関するセミナーを開催してくれるところがあり、実際に原画マンや監督を目指す人の中にはセミナーに参加をして技術向上を図る人は珍しくありません。セミナーでは直接有名な講師から学ぶことができます。実際に日本で開催されているセミナーの多くは実際に現場で活躍している人が講師になってくれます。
セミナーによって講師は変わりますが、中には作画監督を勤める人が講師として絵の作り方などを教えてくれるので、監督の技術を聞いて取り入れることができます。また、技術だけでなくその道を選択した理由なども伺うことができ自分の人生に役立てることもできるでしょう。知りたい情報を知ることができる点も魅力の一つになりますが、セミナーに参加することでそこに通う人と友達になることも可能です。基本的に参加をする人の多くは作画に関して興味がある人となります。そのため、話が合う友達を探すことができる可能性があります。また、友達ができるだけでなく人脈を広げることも可能です。最新の情報を知ることができることも、セミナーの長所と考える人は少なくありません。従来の現場では手描きで作画をする機会が多かったのですが、今ではパソコンを使用したデジタルデザインなども行うところも多く、時代によって作成方法も変化しています。最新の情報を取り入れることで今現在業界で使われている技術なども知ることができ機会となっています。

セミナーの選び方のコツとは


実際にセミナーに参加をしたいと考える人は珍しくありません。現在では作画やアニメーションに関するセミナーが数多く開催されているので、選択に困る人も少なくありません。
選択ポイントとして挙げられるのが講師になります。それぞれの講師によって業界での活躍の仕方や経験、技術などが異なることになります。例えばアニメ業界の中でも原画マンや動画マンなど様々な職種の人が一つの作品を仕上げるために仕事をしています。講師を選択する時は自分がなりたい職種に就いたことがあるのかなどを確認してから選択します。
その他の選択ポイントとして挙げられるのが、講義の内容になります。講義の内容を確認してそのセミナーに参加することで自分が得たい情報はあるのかを確認することで自分の為になる情報を提供してくれるかどうか判断することができます。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)