COLUMN

アニメ関係の仕事がしたいと考えている方のために

SONY ACADEMY > コラム > アニメ関係の仕事がしたいと考えている方のために

アニメ関係の仕事がしたいと考えている方のために

これからアニメ制作の現場で働くための準備を進めようと考えているなら


アニメ関係の仕事に就きたいと考える場合、その準備を進める方法にも気を配ることが大切です。例えば、現場で役に立つスキルを身につけるために役立つ、学びの場を提供してくれる業者は、利用価値が高くなります。中には、国内や海外で注目され、時代を先導する現場からクリエイターを招き入れ、アニメ制作の各分野におけるさまざまな情報を提供したり、体験の機会を設けたりしている業者も存在します。具体的には、脚本や絵コンテ、演出、キャラクターデザイン、作画、音楽(劇伴・アニソン)制作、声優など、それぞれのジャンルで作業を行なうプロセスなどを学び、体験の場としてセミナーを開講しているところもあるので、チェックしてみることをおすすめします。
一口にアニメと言っても、そのジャンルはバラエティーに富んでおり、それぞれのジャンルによってターゲットとなる視聴者層も変わってきます。アニメ関係の仕事に就けば、国内のみならず、世界を股にかけて活躍することのできる可能性もあります。また、人々の心に感動を与える仕事に取り組みたいと考えている方にも、おすすめの職業と言えます。ただ、アニメを制作するためには、それなりのエネルギーや時間がかかるのも確かなことです。そのような負担を軽減するべく、アニメ制作の現場では、さまざまな分野の仕事を担当するスタッフが、協力し合って働いています。これからアニメ関係の仕事に就くことを希望するのであれば、募集されている仕事の種類についても理解を深めておくと良いでしょう。

募集されている職種と仕事内容について


アニメ関係の仕事として、欠かすことのできないものの一つに、アニメーターがあります。こちらは、主として絵を描く作業を行なうスタッフになります。アニメの原理として、複数の絵を用意し、パラパラと連続して表示することにより、動いているように見せる手法は、一般的によく知られているところです。そのような場面で、一枚一枚の絵にばらつきがあると、作品の仕上がり状態は悪いものとなってしまいます。こちらのリスクを回避するために、それぞれの絵を丁寧に描くスタッフとして、アニメーターが必要になるという訳です。また、アニメーターの中にも、仕事内容は複数に分類されます。具体的には、まず、基本となる絵を描くスタッフと、出来上がった基本の絵を、動いているように見せるための絵を描くスタッフが存在します。そういったスタッフが協力し合うことで、一つの作品が作り上げられるという訳です。
アニメーターとなって、一枚一枚の絵を完成させるのは地道な作業なので、根気も必要となります。とは言うものの、自分の描いた絵が作品となり、世に送り出されることになれば、この仕事に対するやりがいが感じられ、今までの努力も報われることでしょう。

プロデューサーに関する情報


これからアニメ関係の職業に就きたいと考える場合、募集されている職種についても事前に理解を深めておきたいところです。アニメ制作の現場で募集される職種の一つに、プロデューサーがあります。こちらは、作品をより良いものとするために、客観的な立場からさまざまな意見を出したり、制作費用を算出したりするスタッフです。そのようにして、作品を世に広めたり、作品の仕上がり状態を良くしたりするのが、プロデューサーの仕事内容になります。ただし、一口にプロデューサーと言っても、その業務内容は複数の種類に分かれていて、企業や制作する作品によって、仕事の内容が変わることがあるというのが実情です。
アニメは、制作しただけでは、世の中の人たちに視聴してもらうことはできません。そこで、出来上がった作品を世に広めるためのスタッフとして、プロデューサーが存在するという訳です。具体的には、放送する局や、DVD・キャラクターグッズなどの販売戦略をどのように策定するのかを決定するのは、プロデューサーの業務内容になります。それらの方法を実践することで、作品がより価値の高いものとなり、その知名度は向上するという訳です。
また、プロデューサーの中には、作品の制作に携わるスタッフも存在します。具体的には、アニメの制作にあたって、監督や脚本家、デザイナーなどのスタッフと連絡をつけ、情報交換を行なったり、現場の仕事に力を貸してくれる人材を探したりするケースも見受けられます。また、制作費の予算を組んだり、作業スケジュールを調整したりすることもあります。そのようにして、アニメの制作に必要となるスタッフや時間、物品などを集めて、管理する仕事も行なうケースが存在します。そういう風に、プロデューサーの業務内容は多岐にわたります。この仕事へ取り組むにあたっては、世間の人たちの興味・関心を惹きつけるアニメをいかにして作り、どのようにして世に広めるのかを常に考えておく必要があります。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)