COLUMN

アニメ監督になりたいと考えている方のために

SONY ACADEMY > コラム > アニメ監督になりたいと考えている方のために

アニメ監督になりたいと考えている方のために

アニメーション制作の現場で監督の仕事をしたい方へ


将来はアニメ監督になりたいと考えている人にとって、アニメーション制作のためのスキルを身につけるために利用する教育機関の選び方もチェックポイントになります。例えば、国内や海外で注目され、時代の先駆者としてアニメ制作現場で活躍しているクリエイターを講師として招き入れているところであれば、実践的なスキルを身につけるために役立つことでしょう。また、ひと口に「アニメ制作」と言っても、そのプロセスや構成要素には、さまざまなバリエーションがあります。そのような状況の中で、脚本・絵コンテ・演出、キャラクターデザイン・作画、音楽制作、声優など、それぞれのジャンルにおけるアニメ制作プロセス・要素を学習し、体験する機会として、セミナーを実施しているところもあるので、チェックしてみることをおすすめします。
アニメーションの制作現場において、シナリオにしたがって、アニメの制作を指導・統括し、作画やレイアウトの指導を行なって一個の作品を完成させるのが、アニメ監督の仕事内容です。これからアニメ監督になることを目指して活動するのであれば、一つひとつの作業内容について理解を深めておくことも大切になります。
アニメ監督が担当する仕事の一つに、作打ちと呼ばれるものがあります。こちらは、「作画の打ち合わせ」を省略した呼び方で、絵コンテを元にして、作画監督やアニメーターに対して、担当するパートのストーリー内容や意図を伝達する作業のことを意味します。

担当する仕事の種類と内容について


アニメ監督は、絵コンテのカットにある意図の通りにレイアウト・原画が仕上がっているかどうかのチェック作業も行ないます。こちらチェックで問題がなければ、出来上がったレイアウトや原画を作画監督に回しますが、問題点が発見された場合には、修正作業の指示を入れることとなります。また、カットの意図とは大きく外れた仕上がり状態となっており、描き直しが必要な場合は、リテイクの指示を出します。
次に、美術・色指定の打ち合わせ作業は、色背打ちと呼ばれます。こちらは、それぞれのシーンにおいて、背景のイメージやセルの色合いなどを決定してゆく作業になります。それら2種類の要素を合わせて調整することが必要になるので、美術と色の打ち合わせは、同時に行なわれるのが基本です。また、デジタル時代の到来にともなって、撮影監督の立ち合いにより、撮影の打ち合わせも同時並行で行なうケースも目にするようになりました。
また、仕上がったセル画と背景を合わせて、撮影前の最終的なチェックを行なう作業は、撮影出しといいます。また撮出しとも呼ばれるときがあります。こちらの作業は、素材がデジタル化されてからというもの、ほとんど行なわれなくなりましたが、その代わりに、アナログ時代と比較して撮影の打ち合わせが綿密に行なわれるようになっています。
そして、撮影監督との打ち合わせは、「撮影打ち」と呼ばれる作業になります。こちらの作業では、シーン・カットごとに、フィルタの具合やコンピューター・グラフィックスの使用方法を決定してゆくこととなります。デジタル時代が到来してからというもの、撮影の重要性は高まっています。

その他の作業内容に関する情報


アニメ監督が担当する仕事の中でも、カッティングとは、編集作業のことを指します。この作業では、撮影スタジオの中で、編集スタッフ・監督と一緒に、欠番やシート変更などの条件を決定し、定められた時間枠の中に納まるよう、カット編集を行なってゆくこととなります。こちらの段階では、全てのカットが色付きの状態で完成した本撮を使用するのが理想的です。しかしながら、昨今では、スケジュール調整の折り合いがつかないために、編集作業を行なうことを目的として、やむを得ずラフ原画や原画を撮影した線撮、絵コンテを撮影したコンテ撮を使用するケースが多く見受けられます。この線撮やコンテ撮に使用する素材を作成するのも、アニメ監督の仕事内容に含まれます。
また、アニメ監督は、アフレコ、ダビングの作業も行ないます。その内、アフレコは、声優がキャラクターの声を録音する作業です。そして、アフレコで録音した声・音楽・効果音を絵に合わせてゆく作業が、ダビングになります。音合わせの作業を行なうにあたっては、音響スタッフによって基本的な作業が済ませてあるので、そのチェックが主たる仕事内容となります。
次に、アニメーション制作の現場では、本来の流れからすれば、映像が完全に仕上がってから音響作業に着手するものが基本的でしたが、最近では、スケジュールが立て込んでいることもあり、不完全な状態で音響作業が開始されるケースが多くなっています。中でも、ダビングの作業は、不完全な状態で行なうことが難しいので、事前にできるだけ良いコンディションにしておく必要があります。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)