COLUMN

アニメーターの仕事内容ややりがいとは?

SONY ACADEMY > コラム > アニメーターの仕事内容ややりがいとは?

アニメーターの仕事内容ややりがいとは?

アニメーターの仕事内容とは?


アニメーターになるためには、まずは仕事内容について熟知する必要があります。アニメーターとは、動画を製作することが主な仕事内容で、絵に命を吹き込み、まるで生きているかのように動かす作業のことをいいます。
仕事内容としては、原画と中割があります。原画は、動作の開始点やシーンの重要ポイントになる絵を担当します。中割は動画マンとも呼ばれ、原画と原画を近似する色で補う絵を担当することが主な業務内容です。原画担当が原画と原画の間に何枚の絵を描くのかを指示し、どのように動くのかを決めます。それに従って中割担当が中割の絵を描くというわけです。
アニメーターになると、最初に与えられる仕事は中割の仕事がほとんどです。なぜなら、中割がどのように描かれているのかを理解できないと、動画制作をすることができないからです。そして、中割としての経験を積んでしっかり描くことができるようになると、原画担当にステップアップすることができます。さらに、原画担当としての才能や技術が認められるようになれば、やがて作画監督へと昇格できます。作画監督ともなると動画制作の全体を見て業務を行うようになるので、キャリアアップに繋がり将来的には演出家になることもできます。
このように仕事内容は各担当によってさまざまですが、最初は下積みから始まるのでいきなり自分の好きなアニメを描けることができない場合があります。しかし、経験を積むことで将来的には自分の作りたいアニメを作れる可能性があるので、まずは一から修行をして技術を磨くことが重要です。

アニメーターのやりがいは何があるのか?


アニメーターとして喜びを感じることができるのは、自分が実際に描いた絵が最終的には色鮮やかなキャラクターになり、映画やテレビの中でまるで生きているかのように動いているのを見た瞬間でしょう。中には、初めて自分が手がけた絵が形になったとき、感動のあまり涙を流す人もいるくらいです。また、経験を積んで一人前だと認められるようになれば、作品の最後のスタッフロールに自分の名前が載るようにもなります。自分が担当した作品がリリースされたら仕事に誇りを持つことができるようになりますし、さらに大きな達成感も味わうことができます。
もちろん作品を仕上げるためには大変な労力と時間がかかりますし、慣れないうちは精神的にも辛いことがあるかもしれませんが、慣れてくれば作品を仕上げることが楽しくなってくることもありますし、なんといっても自身が手がけた作品がヒットすれば達成感や充実感を得ることができます。さらに、毎日たくさんの絵を描いていくと画力向上にもつながります。新人の頃に描いた絵と一年後に描いた絵を比べてみると違いがでてくる場合もあります。このように、ふとしたときに自分の成長を実感できるのも大きなやりがいとなります。
もちろん学校などで基礎的な技術を身につけることはできますが、今ではセミナーなどで気軽にアニメーターの仕事を体験することができます。今までは一つの絵を描くのに何時間もかかっていたのに、ふとした瞬間に何枚もスラスラと描けるようになるかもしれません。セミナーに参加することで今までよりも画力が上がるかもしれません。給与もやりがいの一つと思う人もいるでしょうが、画力向上もやりがいにつながると感じる人もいるでしょう。

アニメーターに向いている人はどんな人?


では、アニメーターに向いているのはどのような人なのでしょうか。第一条件としてはアニメが大好きな人です。見るのはもちろんですが、実際に自分で絵を動かすことに興味を持てる人が向いているでしょう。アニメーターの仕事には想像力も必要ですが、単純作業を多くこなすことも求められます。特に動画担当にもなれば、同じような絵を何枚も描く必要があるので、それに音を上げないための根気も必要です。しかし、それでもアニメが好きで自分が描いた絵がどのような仕上がりになるのかを想像しただけでワクワクするようであれば、その仕事に向いている可能性があります。
また、責任感があり、素直な人もアニメーターには向いています。アニメ製作というのは多くの人の力が結集されて作成されます。絵を描くときには一人で作業をするかもしれませんが、他のスタッフのことも考えて一緒に作り上げようとする気持ちは大事です。当然自分の作業が遅れたらその分周りのスタッフに迷惑がかかってしまうので、必ず決められた締め切りを守るようにし、修正指示がないように丁寧な仕事をするようにしましょう。そのためには与えられた仕事を確実にこなす責任感が必要になります。
また、独りよがりになることなく、周りのアドバイスを素直に受け入れることも重要です。何か指摘されたときに、素直に人の意見を聞き入れることが大切です。そうすることで、どんどん成長して行く可能性が秘められています。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)