COLUMN

アニメーターに転職したいと考えている方へ

SONY ACADEMY > コラム > アニメーターに転職したいと考えている方へ

アニメーターに転職したいと考えている方へ

アニメーターに転職したいと考えるのであれば


現在の仕事からアニメーターへと転職したいと考えるのであれば、然るべきポイントを押さえた上で実際の行動を起こすことが大事です。そのようなシーンでは、利用する教育機関の選定方法にも気を配ることをおすすめします。趣味でアニメづくりをするのではなく、最終的に現場で働きたいと考えるのであれば、実践的なスキルを身につける事のできる業者を選びたいところです。例えば、国内や海外で脚光を浴び、時代を先導する立場にいるクリエイターを講師として招き、幅広いジャンルの指導を行なったり、体験的な学びの機会としてセミナーを開催したりしているところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。
アニメは、今ではわが国の代表的な文化の一つとして、世界の人々に注目されています。そのアニメを作る仕事を行なうのがアニメーターです。アニメーターとなるためには、基本的にアニメ制作会社に就職することになります。アニメ制作会社にも大小さまざまな規模のところがありますが、中でも、大規模な会社はテレビ局と深く関係しています。また、企画から製作、納品に至るまで、ワンストップで手掛ける会社もあれば、大手会社の下請けのような立ち位置で、制作作業のみ行なっているところも存在します。いずれにしても、アニメーターとして働くことを希望するのであれば、アニメ制作会社の数が多い東京で活動するのがおすすめの方法と言えるでしょう。

現場で取り組む仕事の内容も事前に理解しておこう


アニメーターへの転職を希望するのであれば、現場での仕事内容についてもあらかじめ理解を深めておくことが大切です。一つのアニメーションは、企画からシナリオ、仕上げ、撮影など、さまざまな工程を経て作られます。その中でも、主に「作画」と呼ばれる工程を担当するのがアニメーターです。
作画を行なう場合、シナリオや企画の指示内容にしたがって、キャラクターや背景などの動きを一枚一枚の絵に描いていきます。アニメ作品の絵は、「原画」と「動画」の2種類に分かれます。その内、前者はアニメーションの動きの中でポイントとなる絵、後者は原画と原画の間にはさむ絵のことを意味します。アニメ制作の現場では、原画・動画のそれぞれを描くスタッフが別々に存在し、新人の場合は動画を担当するのが一般的になります。
アニメを制作する場合、脚本家が書いた脚本と演出家が描いた絵コンテに沿って原画担当者がアニメーションの動きを考え、原画を描いていきます。そして、原画担当者は動画の枚数を指定するので、その指示に従って動画担当者が動画を描きます。原画だけのアニメーションの間に動画を入れることによって、粗い印象の動きが滑らかに見えるという効果があります。
先ほども述べたように、新人の時には動画担当となるのが一般的ですが、現場での経験を積み、動画をしっかり描けるようになれば、原画担当を任されるようになります。そして、原画担当者としての実力も認められた場合には、「作画監督」という仕事を任されます。これは、言うなれば、原画担当者や動画担当者を統括する役割を果たすスタッフです。複数の担当者が原画や動画を手分けして描くと、個々の絵にばらつきが生じやすくなります。そこで、最終的に集まった絵を作画監督がチェックして、細かい修正作業を行なうことにより、統一感のある仕上がり状態を得ることができます。

アニメーターの仕事内容や就職先、活躍の場について


転職するにあたってアニメーターになることを希望する場合、現場で取り組む仕事の内容についても事前に理解しておきたいところです。先述のように、アニメーターの仕事内容は作画がメインになります。ただし、最初は作画を担当していても、本人が希望していたものと異なる場合や、適性の違いを感じたりするほか、現場の稼働状況によって途中から演出家や制作進行といった他の工程を担当するようになるケースも存在します。アニメ制作の現場では、それぞれのセクションが互いに協力し合うことも大切なファクターとなります。そのような状況の中で働いていると、他のセクションの仕事に対する興味・関心を持つことがあるかもしれません。
次に、アニメーターとして働くことを希望するのであれば、就職先や活躍の場についても前もって理解しておくと良いでしょう。先述のように、アニメーターの就職先はアニメ制作会社がメインですが、中でも、企画から納品までオールインワンで手掛けている大手会社に就職すれば、仕事をする中でアニメの製作工程全般を学ぶことが可能になります。こうした会社の場合、過去に優秀なアニメーターを輩出したり、有名な作品を手掛けていたり、待遇が比較的恵まれていたりとメリットが多い傾向にあります。ただし、その分だけ人気が集中しやすく、ライバルとの競争率も高くなりがちであることも知っておくべきです。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)