COLUMN

アニメーターに向いている人や給料とセミナーの利用について

SONY ACADEMY > コラム > アニメーターに向いている人や給料とセミナーの利用について

アニメーターに向いている人や給料とセミナーの利用について

アニメーターが向いている人について


アニメーターとは主にアニメーション制作をする時に、原画や動画の作業を行う人のことです。現在ではアニメーションはテレビ放送されたり、人気の高いものにおいては映画として上映されたりすることもあります。日本のアニメーションは海外でも有名ですが制作をする時は様々な工程があり、それぞれの担当に分かれて制作を行う会社が多いです。そのため、現場では様々な職業の人が放送するための作業を行います。昔からアニメが好きな方の中には自分も作品を作ってみたいと思う人もいます。基本的にアニメーターになれば作品制作に集中することができ、やりがいを感じることも多くなります。では実際にアニメーターという職業はどのような人に向いているのでしょうか。
向いている人の特徴として挙げられるのが、アニメーション制作が好きな方です。アニメーションとはそのアニメーションのキャラクターや物に動きをつけることになります。例えばキャラクターがしゃべる時は口を動かすアニメーションを作成します。また、街を歩くシーンを表現する時は車が走ったり、歩行者が歩いたりする様子を制作しなければなりません。特にアニメーション制作作業は動画などで放送されるものに多く、それぞれのシーンで複数のアニメーションを制作します。アニメーション制作内容はそれぞれの会社などでも異なりますが、動画用紙などに記載して、パラパラアニメのように仕上げるところもあります。こういった作業が好きな方はアニメーターに向いているでしょう。
向いている人のその他の特徴として責任感があることも挙げられます。基本的に人と協力してやるお仕事になるので、責任感がないと勤まらない可能性があります。実際に現場では責任感を持って仕事をしている人も多く、最後までやり遂げようという気持ちが必要なお仕事です。その他にも集中力がある人が向いています。動きを付けるために動画用紙に描く作業には当然集中力が必要です。作業時間が長くなるので集中力をある程度の時間キープさせなければなりません。もし集中力が少なくなると、間違えなどを引き起こすこともあります。また、努力をすることができるかどうかも重要です。努力はアニメーターというお仕事に限ったことではありませんが、技術や経験を積み上げるためには努力が必要になります。もし努力をすることができなければ技術の進歩を得られなくなり、他のアニメーターの技術よりも劣ってしまったり、現場で長く活躍できなくなったりする恐れもあります。そのため、努力できる人が向いています。

給料やアニメーターになる方法


上記のように向いている人の特徴は複数挙げることができますが、実際にアニメーターとして勤めることができればどれぐらいの給料を得ることができるのでしょうか。給料の金額はその人の経験や技術によっても異なります。そのため、会社員と同じぐらいの給料を得ることができる可能性もありますし、それ以上、それ以下の場合もあるでしょう。給料の仕組みは勤める会社で異なります。例えば会社の中には歩合制や固定給のところがあります。基本的にこの業界においては歩合制の会社が多いとされています。歩合制とは働いた分だけで給料を頂くことができる仕組みです。仕事が少ない時は多くの給料を期待することができませんが、経験や技術などを積み上げることでお仕事の数も増えて高い年収を期待できることもあります。固定給の会社に勤めれば下積みの時から安定した給与を得られる可能性が高いです。
また、動画マンと原画マンでは給料が異なるので、アニメーターの中でも担当するお仕事内容によって給料の差が生まれる可能性もあります。基本的に動画マンよりも原画マンの方が給料は高いとされており、動画マンの中には年収を上げるために原画マンを目指す人も多いです。
では、実際にアニメーターになるにはどうすればいいのでしょう。アニメーターになる道は複数挙げることができます。例えば専門学校に通うなどして、高卒からこの職業に就く人もいます。高卒や専門学校から就職する時は絵の技術を高めるためにセミナーに通う人もいます。

セミナーに通って技術を上達させよう


アニメーターになるためにセミナーに通うことを検討している人も多いでしょう。セミナーは現在、様々なところで開催されていますので、選び方に困る人も多いです。選び方として挙げられるのが、講師をしてくれる人がどのような人物かです。実際にセミナーの中には業界でも有名な作画監督から学ぶことができるものもあります。作画監督からお話を聞くことができれば、今後将来的に役立てられる情報を収集できる可能性が高まります。
また、セミナーを選ぶ時はそのテーマの内容が自分に合っているのかを確認しましょう。基本的にアニメーターのお仕事内容は複数に渡りますので、セミナーに参加をする時はどのような内容なのかを確認しておくと後悔なくセミナーに参加することができます。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)