COLUMN

アニメのプロデューサーってどんな仕事?セミナーに行こう

SONY ACADEMY > コラム > アニメのプロデューサーってどんな仕事?セミナーに行こう

アニメのプロデューサーってどんな仕事?セミナーに行こう

アニメのプロデューサーとは


大人気のアニメを制作するにはたくさんの人の力が必要になります。絵を描く人はもちろんのことストーリーを考えたり、アニメーションとして組み合わせたり、さまざまな仕事を分担することでたくさんの人が協力し合い、一つの作品が出来上がっています。そのなかでも、作品を総合的にプロデュースし、できあがりまでを見守るのがプロデューサーです。プロデューサーは作品の企画段階から監督し、製作現場の管理を行います。出来上がってからも作品を売り出すために外部と交渉するなど、いろいろな現場で活躍します。
まさに花型ともいえる職業ですが、どのような道をたどればなることができるのでしょうか。その実態を探ってみると、はじめに製作会社に入り、アニメーションにまつわる仕事をいくつか経験した後にプロデューサーになる方が多く存在します。作品にまつわるあらゆることを管理し、進行させるプロデュースの仕事ですから、いろいろな仕事を経験することが重要なのでしょう。
しかしながら、製作会社に入る前にはアニメについてきちんと学んでおかなければなりませんし、できれば入社前にプロデュースする仕事についても知っておきたいところです。そこでおすすめなのが、すでにプロデューサーとして活躍している人の話がきけるセミナーに参加することです。セミナーでは実際にどんな仕事をしているかや、就職するまでに何をすべきか、どんなことを目標にすべきかなど必要なことを知ることができます。
こうしたクリエイティブな仕事はなかなかその仕事の実情をのぞくことが難しいので、実際に働いている人の意見をきけるセミナーに参加するのが、仕事を知る一番の近道になるのかもしれません。製作会社の内情や現在の製作事情など、せっかくの機会ですから、たくさんのことを聞いてみましょう。

製作現場を知ること


アニメ作品を作るときには、その作品の土台となる企画作りからはじまります。基本的に制作するのはプロダクションですから、そこに在籍する多数の人々が企画を持ってきたり、企画に意見を言ったりして話し合うことから始まります。ここからすでに、プロデューサーの仕事は始まっています。作品の要となる部分を話し合い、それぞれの意見をまとめていくのが指揮官の仕事です。作品がよりよいものになるように、しっかりと話し合いの舵をとります。
それから、脚本家に依頼して原稿を書いてもらいます。原稿が出来上がれば今度は絵コンテを作り、スタッフに指示を仰ぎます。キャラクターデザインを依頼し、アニメーションづくりの準備をはじめるのです。
これらが進んでいけば、つぎはプロダクションで作画をしてくれる人に仕事を振り分け、どんどん作品の一部となる絵を仕上げていきます。これらはすべてプロダクションで行うこともありますが、もちろん外注する場合もあり、そのときはまたどこに依頼するかなどを決めていくことになります。また、声優の手配、効果音などをつける手配などを行い、作品を完成に近づけていきます。あとは録音したり、編集したりして、細かなところに気を配っていくのです。
このように作品の現場ではさまざまな工程があり、その進捗やクオリティを管理しなければなりません。完成した後もプロモーションの管理などがありますし、仕事は多忙を極めます。しかし、こうした簡単な経緯を聞いているだけではなかなか実感が湧かない人も多いものです。もっと知りたい人は、セミナーに参加して現場の意見を聞くことができます。

セミナーを受けるメリット


アニメーションの仕事は多岐にわたります。プロデューサーはそのほとんどすべてを管理し、進行する役割を果たすのですから、作品作りに必要な情報をさまざまなことを知っている必要があるのです。こうした情報はなかなかふつうに調べるだけでは入ってきませんから、セミナーを受講することで学ぶことができるのは大きなメリットです。セミナーを受けることには、他にもたくさんのメリットがあります。
一番のメリットは現場の生の声をきけることです。実際にセミナーを行ってくれる先生は作品の制作現場に関わった人が多く、なかには現在も現場で活躍している著名な方であることも多いです。こうした実際に働いている人の意見やどんな現場かという細かい話がきけることはとても有意義なことで、アニメ業界を目指す人の将来によい影響を与えてくれる可能性があります。
また、プロデュースする仕事がどんな仕事であるかを明確化できるところもポイントです。いままで生活をしてきて、なんとなく作品作りに携わりたいと思っている人は多くいます。しかしそれはまだ夢の範疇を超えることがなく、ふわふわとした現実味のない考えである人も多いのではないでしょうか。しかし、実際にそれをビジネスとして扱っている人に会うことで、はじめて自分の仕事として明確に捉えることができるでしょう。自分が将来どうなりたいか、これからどうしていくべきなのかなどを知るために、実際に働いている人や実際の現場にまつわる話を聞くことはとても大切です。的確なアドバイスをもらえることもあるかもしれません。
アニメの現場には多くの人が存在しています。その多くの人を取りまとめ、一つの仕事をすることはとても価値のあることです。興味のある方はぜひ、セミナーの受講を検討してみましょう。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)