COLUMN

アニメにかかわる仕事にはどんなものがあるのか

SONY ACADEMY > コラム > アニメにかかわる仕事にはどんなものがあるのか

アニメにかかわる仕事にはどんなものがあるのか

アニメに関する仕事とは


大人も子供も魅了するアニメは、日本独自の文化としても世界に知れ渡っています。そのため現在、こういった仕事に携わりたいと思っている人は少なくありません。日本国内だけでなく世界を股にかけて活躍できる可能性もありますし、人々の心を動かす作品を作ることができる可能性もあります。アニメ作りに携わる人は多種多様にわたっており、とても一人で作れるものではありません。作品を作るとき、いったいどんな人がどんな風に作品を作っているのでしょうか。
作品作りに欠かせない存在として、アニメーターという職業があります。彼らは製作会社で作品の絵を描く作業を中心にしています。アニメはご存知の通り、1枚ずつの絵をパラパラと動かすことで成り立つものです。だからこそ、1枚1枚丁寧に描いてくれる人が必要なのです。この職業の中でも仕事内容がわかれており、たとえばまず基本の絵を描く人がいて、その基本の絵を動かすように描く人がいます。これらをつなげることではじめて作品になるのです。
実際のところデザインや監督に比べると、少々地味に思っている人も少なくありません。一つ一つの絵を完成させる地道な作業ですから、根気も必要になります。しかしながら、自分が描いた絵が実際に画面で動くなんて、夢のような世界です。アニメに携わりたいと思っている人であれば、一度はやってみたいと思い描く職業なのではないでしょうか。
最近ではコストを削減しようとアジア各国でこうした作品の絵を描く業務をするようにし、人件費を削ることも珍しくなくなりました。日本でこうした作画をやりたいのであれば、狭き門をくぐり抜けていかなければなりません。この職業になる場合にどうしても取らなければならない資格などはありませんが、専門学校や美大から就職するのが一般的に多いようです。

プロデューサーの業務


作品をよりよいものにしようと思ったとき、その作品を客観的に見て、さまざまな意見を言う立場の人が必要になります。また、それ以外にも作品にかかる費用を算出したりすることも重要になってきます。作品を世に広めたり、作品をよりよくする役割の人物が、プロデューサーです。実のところプロデューサーと呼ばれる仕事はいくつかの業務に分かれており、会社やその作品によって仕事が違うことがあります。
たとえば、アニメを作ったとき、これを世に広めるにはどうしたらよいかを考えなければなりません。どこで放送するか、DVDなどは売り出すのか、キャラクターグッズはどうするのかなど、売り出し方をプロデュースし、作品をより価値の高いものに、より有名にするというのもプロデューサーの業務です。
作品制作にかかわるプロデューサーもいます。たとえば作品を作るときに監督や脚本家、デザイナーなどを手配してやりとりしたり、手伝ってくれるスタッフを探したりする場合もあります。それ以外にも予算を組んだり、スケジュールを調整したりと作品を作るにあたって必要な人物や時間、ものなどを的確に集め、管理する仕事などもあります。
このようにプロデューサーと呼ばれる職種の人々は、ひとことで言い表せない業務をしています。彼らがいなければすてきな作品を作ることはできないですし、せっかく作ったとしても世に広まらない可能性だってあります。いわば作品作りのリーダー的ポジションに収まる彼らは、おもしろい作品をいかにして作るか、そしてどう広めるかをつねに考える重要な役割を果たしています。

声優でキャラクターをいかす


作品作りに必要なのは、絵に対する仕事だけではありません。確かに作画やストーリーがしっかりしていないことにはアニメとして成立しないかもしれませんが、作画やストーリーだけが大事なのであれば、漫画でも小説でも、絵本でもいいはずです。これが動画になることが、アニメのよいところなのですから、動画に特化した仕事も当然、大切な業務となります。
最近人気を博しているのが、声優という職業です。これまでただの絵だったキャラクターの口の動きに合わせ、セリフを吹き込むことは、動画としてのよさを最大限に引き出すことにほかなりません。今日声優はその声という特異性をいかし、ラジオに出演したりCDを出したりライブをしたりと活躍の幅もずいぶん広がりました。人気声優は作品のうえだけでなく、その人柄の魅力でアイドルのような扱いを受けている人も多く存在します。
プロの声優を目指すことはそう簡単ではありません。しかし、練習することでうまくなることもありますので、専門学校などで技術を鍛えることができます。実際に仕事をもらうにはオーディションを受けることが必須ですが、最初は主役などはもらえないことが多いです。小さな役でもよいからコツコツキャリアを築いていくことが、人気声優になる近道なのかもしれません。また、プロダクションに所属することも、活躍していくうえではとても重要なことのようです。声優としてどんどん前に出ていくには、営業力も必須だからです。
声優以外のたとえばナレーションなどもして修業を積むのもよいでしょう。声の仕事は誰にでもできることではないですから、しっかりと練習を積み重ね、夢を掴み取りましょう。

次の記事へ

アニメの関係のお仕事・セミナーなら│anisemi(アニセミ)