• キャラクターデザイン
  • アニメーター

「ソードアート・オンライン」メイキングセミナー 

一枚の絵からアニメを描く!~作画監督、キャラクターデザインの仕事〜

CREATE AN ANIME FROM A SINGLE DRAWINGS

総作画監督・キャラクターデザイン 足立慎吾

アニメ作品の顔となる一枚の絵 その着想の導き方

劇場版アニメのキービジュアルは、作品の象徴であり、初期動員を促す重要な存在。
1枚の絵でその物語世界を魅力的に描く、その着想が導かれるプロセスや作画のヒントはどうやって生まれるのか。
『SAO-OS-』の4枚のキービジュアルや、版権イラストなど、その絵を自ら読み解き、デジタル描画のライブドローイング (作画プロセスの再現)もまじえて解説。1枚の絵でエンタテインメントを描くことが語られます。
また、原作イラストに、アニメキャラクターとしての動きを与え、演技を引き出すプロセスの起点となる設定について、『SAO-OS-』 の新キャラ「ユナ」の設定を題材にして、原作イラストと比較して解説。同様に、1期から今回作まで続くシリーズの中でのキャラクターの成長や変遷、その描かれ方を自ら解説する。

そのほかも、『SAO-OS-』修正入れなどの実例や、2期のOPを題材にしたラフコンテ、絵コンテ、修正画、原画、完成映像を辿ったプロセス解説など、全編に実例素材を使って、『SAO』でのアニメーター、総作画監督、キャラクターデザイナーとしての仕事が語られる、絵を描く方にとってもそうでない方にとっても、そのプロセスとエッセンスを学ぶ貴重な機会となります。

©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

一枚の絵からアニメを描く!~作画監督、キャラクターデザインの仕事〜募集要項

日程

受講料

受講料 5/27 1回受講券 6,000円(税込)

お申込みはこちらから

プログラム概要

1日目:作画監督編 終了

1)導入/アニメーターの仕事とは
2)概説/SAO OSにおける作画監督としての仕事
3)講義/SAO第2期OPテクニック解説
4)講義/良いアニメーターとは?
5)課題提案
6)質疑応答

2日目:キャラクターデザイナー編

1)導入/どうやってこの仕事に就いたのか
2)概説/SAO OSにおけるキャラクターデザイナーとしての仕事
3)講義/“アニメのキャラクターデザイン”とは
4)講義/キービジュアルの重要性~1枚の絵が持つ力~
5)まとめ/演習提案など
6)質疑応答

※ カリキュラムは、講義の進行等による変更がある場合があります。

お申込みはこちらから

講師詳細

足立慎吾

総作画監督・キャラクターデザイン

大阪芸術大学卒。
『ロックマンエグゼBEAST+』で初めてキャラクターデザインを担当し、『WORKING!!(1期~3期)』、『ソードアート・オンライン』シリーズ、『ガリレイドンナ』といった人気作でキャラクターデザイン・総作画監督を務め大きな話題を呼ぶ。
また『ロックマンエグゼBEAST+』、『今日の5の2』OP、『フラクタル』では絵コンテも担当。

関連講義