山田公平(音楽ディレクター・プロデューサー)開催コメント!『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』アニメメイキングセミナー

2019年3月20日

  • 音楽制作 : 音楽制作

『少女☆歌劇レビュースタァライト』アニメメイキングセミナーの開催を前にして、登壇する古川知宏(監督)、山田公平(音楽プロデューサー・ディレクター)、中村彼方(劇中戯曲脚本・劇中歌作詞)のみなさんから開催コメントが届きました!

開催コメント❷ ▶ 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』

あまり人前に出ませんので、今回は貴重な機会です!(笑)

アニメ映像に伴う音楽制作は、クリエイターが自分の力を自由に発揮しやすい場だと感じています。音楽と映像、それぞれのクリエイターが認め合い、相乗効果を発揮できる環境があると思っています。『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』はその好例だと思います。アニメ映像に関わる音楽制作のプロセスについて、実例に沿ってお話できればと思います。

音楽ディレクター/プロデューサー

山田公平  Yamada Kohei

 

 

古川知宏(監督)開催コメント!『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』アニメメイキングセミナー

中村彼方(劇中戯曲脚本、劇中歌作詞)開催コメント!『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』アニメメイキングセミナー


講師詳細

山田公平

音楽ディレクター・プロデューサー

アップライツ/アップドリーム代表。楽曲制作、レーベル、マネジメントなど、各方面から音楽制作に関わり、2006年にアップドリームの前身会社アップライツを設立。様々な分野の音楽制作を扱うが、アニソン、劇伴など、アニメーションに関係する音楽制作に数多くの実績を持つ。音楽制作参加アニメ作品では『結城友奈は勇者である』『ラブライブ!シリーズ』『ACCA13区監察課』『SSSS.GRIDMAN』。アーティストでは「三森すずこ」「神谷浩史」「下野紘」「入野自由」などこれまで1,500曲以上の歌曲と100作品以上の劇伴制作に携わる。本作『少女☆歌劇レヴュースタァライト』では音楽制作のキーパーソンとして、劇伴・劇中歌のディレクションを担う。

関連講義