柳伸亮監督『りゅうおうのおしごと!』アニメメイキングセミナー開催コメント&プレインタビュー

2018年8月23日

  • キャラクターデザイン

『りゅうおうのおしごと!』メイキングセミナーの開催を前にして、監督の柳 伸亮さん、総作画監督・キャラクターデザインの矢野茜さんから、開催コメントをいただきました!!! アニメに触れることになったきっかけなどもお聞きしています。こちらでは、後半:柳監督編を掲載しています! 矢野茜さんのコメントは別ページでご紹介しています

柳伸亮監督『りゅうおうのおしごと!』アニメメイキングセミナー開催コメント◆プレインタビュー

アニメとの出会い、そして…、セミナーでは、監督・演出の仕事についてを!

-柳監督は、いつごろから、どんな絵を描いていましたか? アニメに触れるきっかけになった作品などがあれば教えてください。 

小学生ぐらいの頃から、少年漫画系の『聖闘士星矢』『ドラゴンボール』などを見ては、その絵を描いていた記憶があります。絵を描くのは好きで、初めは背景画に興味があり、美術部に入って油絵などをやっていた時期もあります。専門学校に進学してからは、キャラクターを描くことが多くなりました。

好きなアニメを思い返すと、「Gガンダム」などのように見ているうちに引き込まれていくような熱血ドラマを描いたものが好きだったように思います。今、自分が携わる作品にもそういうところが影響出ているかもしれません。

-アニメの魅力をどんなところに感じますか?

自分の子ども時代から、テレビアニメが好きでした。次がどうなるのかを期待しながら、毎週毎週リアルタイムに1話ごとに話が展開していくところ、そういう継続性みたいなものが好きです。

制作という観点からは、何もなかったところから、シナリオができて、絵ができて、色がついて、声がついて、効果音…という具合に、作品が少しずつできあがっていく行程自体におもしろさを感じます。

-それでは、今回のセミナーについてお聞きします。今回はどんなセミナーになるのでしょうか? どんな人に来て欲しいですか? 

参加者(あるいは参加を検討している方)へのメッセージをお願いします!

矢野さんと二人で話せるので、実際に制作していたときのリアルな様子を伝えやすいように思います。現場で話し合ったことやそのときに考えていたことをお話しできればと思います。

また、人気原作のアニメ化にあたって、監督である自分はどんなことを考えながらテレビアニメをつくっていったのかお話しできればと思います。絵コンテ制作や、演出というわかりにくい仕事についても実際の制作プロセスの中で実例解説できればと思います。

 

 

 

 


講師詳細

柳 伸亮

監督

アニメーター、作画監督、演出として数多くのアニメ作品に参加。
主な監督作品
『ロウきゅーぶ!SS』(2013) 監督
『モモキュンソード』(2014)監督
『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』(2016) 監督
『天使の3P!』(2017) 監督
『りゅうおうのおしごと!』 (2018) 監督
女の子のかわいさ、展開のコミカルさなどの演出が際立つ作品を手掛けている。

関連講義